自然の中に佇むとき、わたしはいつも、自然と自分の間に


なにかぼんやりしたものが存在するのを感じる。


見えるものと見えないものが、繰り返し浮かんでは消えていく。


わたしはそれらを自由に結びつけ、織り合わせ、


ついには自然物そのものが漠然として意識されなくなるまで


イメージを絡み合わせる。


この状態は、わたしにとってはいわゆる混沌ではない。


むしろその自然物が明晰さを失い、


ぼやけていく過程にある喜びを覚えるのだ。